しょうが湯を振る舞う販売店の女性たち。女の子もお手伝い=13-14区中継所

 佐賀新聞販売店婦人部「くすの会」が、各中継点やゴール地点で豚汁やしょうが湯を振る舞い、走り終えた選手や選手に喜ばれている。

 第2日13―14区の中継点となった武雄高前では、同地区婦人部がしょうが湯を用意した。

 武雄東販売店の久間とも子さん(62)は「約30年前から続けている。毎年楽しみにしてる人も多い」と笑顔で話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加