スマホを利用した確定申告推進アンバサダーに委嘱された青木理奈さん(右)と鈴木康弘署長=佐賀市の佐賀税務署

 17日から始まる確定申告を前に佐賀税務署(佐賀市、鈴木康弘署長)は13日、タレントの青木理奈さん(28)をスマートフォンによる申告推進アンバサダーに委嘱した。消費税率の引き上げと大雨被害の控除に伴う手続きで、特に県内は窓口での相談者が多いと予想されるため、スマホの利用で混雑緩和を呼び掛けてもらおうと初めて委嘱した。

 委嘱式で、鈴木署長は「例年、集中時は申告相談で1時間、2時間待ちになる。発信力のある青木さんにPRしてもらえれば」と協力を依頼した。青木さんは「スマホ申告は、『はい』『いいえ』を選びながら簡単に手続きが進み、便利でびっくりしました」といい、「SNS(会員制交流サイト)などでPRしたい」と話していた。

 スマホ申告は給与、年金を主な収入とする人の所得税の確定申告で利用できる。初回だけ税務署の窓口でIDとパスワードの発行が必要となる。

このエントリーをはてなブックマークに追加