全校生徒の前で発表する寺田翔君(右)と山口大河君=東松浦郡玄海町の玄海みらい学園

 玄海町(げんかいちょう)の義務(ぎむ)教育(きょういく)学校の玄海みらい学園で6日、海洋学習発表会が開かれました。総合(そうごう)学習の一環(いっかん)で1~8年(中学2年)生までが、それぞれのテーマで海洋学習に取り組んでおり、児童生徒たちは、海を生かしたまちづくりや環境(かんきょう)保全(ほぜん)などを呼(よ)び掛(か)けました。
 会では5~7年生が学習の成果を発表。このうち6年生は「玄海町の海を守ろう」と題し、現状(げんじょう)のほか、世界的に問題となっているプラスチックごみによる海洋汚染(おせん)などについて報告(ほうこく)しました。玄海町の砂浜(すなはま)に打ち上げられたごみのほとんどがビニールやプラスチックで、外国製(せい)も多かったことから、海流や風に乗って流れ着いていることを説明しました。
 また、水質(すいしつ)検査(けんさ)の結果、玄海町の海は唐津市(からつし)や伊万里市(いまりし)と比(くら)べてきれいだったことを紹介(しょうかい)。「一人一人が意識(いしき)を持つことが大切。ごみの分別やボランティア活動に参加するなどして、海をきれいに保(たも)ちましょう」と訴(うった)えました。
 6年生を代表して発表した寺田(てらだ)翔(しょう)君と山口(やまぐち)大河(たいが)君は「緊張(きんちょう)したけど、玄海町の海のきれいさを伝えられてよかった」とほっとした表情(ひょうじょう)を浮(う)かべました。このほか、5年生は海を生かした町おこし、7年生は玄海町の海の食について発表しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加