7連覇を果たしたサガン鳥栖U-12=多久市の西多久多目的運動広場

準優勝したPLEASURE SC RED

準決勝・大坪少年-サガン鳥栖U-12 ゴールキックを頭で競り合う選手

準決勝・PLEASURE SC RED-VALENTIA 後半、激しくボールを競り合う選手

決勝・サガン鳥栖U-12-PLEASURE SC RED 前半、ボレーシュートを放つサガン鳥栖のMF原口幸之助選手

決勝・サガン鳥栖U-12-PLEASURE SC RED 後半、激しくボールを奪い合う選手

決勝・サガン鳥栖U-12-PLEASURE SC RED 前半、こぼれ球を狙うサガン鳥栖の徳村楓大選手

準決勝・大坪少年-サガン鳥栖U-12 試合に敗れ、肩を落とす大坪少年

決勝・サガン鳥栖U-12-PLEASURE SC RED 後半、シュートを放つサガン鳥栖のFW今泉礼央選手

準決勝・PLEASURE SC RED-VALENTIA スライディングをかわす選手

 九州(きゅうしゅう)ろうきん杯(はい)第(だい)41回(かい)佐賀県U-12サッカー選手権(せんしゅけん)大会(たいかい)(県サッカー協会(きょうかい)・佐賀新聞社(しんぶんしゃ)主催(しゅさい)、九州労働(ろうどう)金庫(きんこ)佐賀県本部(ほんぶ)協賛(きょうさん))の最終日(さいしゅうび)は2日(にち)、多久市(たくし)の西多久(にしたく)多目的(たもくてき)運動(うんどう)広場(ひろば)で準決勝(じゅんけっしょう)と決勝(けっしょう)があり、サガン鳥栖(とす)U-12(鳥栖市(とすし))が7年(ねん)連続(れんぞく)11度目(どめ)の優勝(ゆうしょう)を飾(かざ)りました。

 準決勝は、サガン鳥栖U-12が大坪(おおつぼ)少年(しょうねん)(伊万里市(いまりし))を7-0で破(やぶ)り、PLEASURESCRED(みやき町(ちょう))がVALENTIA(鳥栖市)を2-0で下(くだ)しました。決勝はサガン鳥栖U-12がPLEASURESCREDに2-0で勝利(しょうり)しました。
 サガン鳥栖U-12とPLEASURESCREDは3月(がつ)7、8日に佐賀県である九州(きゅうしゅう)大会(たいかい)に出場(しゅつじょう)します。
 青空(あおぞら)の下(もと)、懸命(けんめい)にピッチを駆(か)け抜(ぬ)けた選手(せんしゅ)たちの様子(ようす)を紹介(しょうかい)します。

 この大会の写真展(しゃしんてん)が3月(がつ)上旬(じょうじゅん)から、県内(けんない)の九州(きゅうしゅう)ろうきん7支店(してん)で開(ひら)かれます。決勝(けっしょう)大会(たいかい)の全試合(ぜんしあい)、約(やく)800枚(まい)の写真を展示(てんじ)、写真のプリント注文(ちゅうもん)(有料(ゆうりょう))も受(う)け付(つ)けます。会期(かいき)は3月下旬(げじゅん)までです。

 

-準決勝-
サガン鳥栖U-12(鳥栖市)
7[3-0]0
 [4-0]
大坪少年(伊万里市)

 

PLEASURE SC RED(みやき町)
2[1-0]0
 [1-0]
VALENTIA(鳥栖市)

 

-決 勝-
サガン鳥栖U-12
2[1-0]0
 [1-0]
PLEASURE SC RED

 

【戦評・準決勝】 サガン鳥栖U―127―0 大坪少年   
 サガン鳥栖が7点を奪って快勝した。前半4分、FW東選手の得点で先制すると、16、19分にはMF原口選手が得点を決めて突き放した。後半は3、5分にコーナーキックからDF富松選手とDF川村選手がいずれも頭で決めるなど4点を加えた。
 大坪少年は相手の攻撃を止めることができず、FW尾崎選手を中心とした攻撃も決め手を欠いた。

【戦評・準決勝】PLEASURE SC RED 2―0 VALENTIA

 PLEASURESCREDが前半と後半に1点ずつを奪い、完封勝ちした。前半11分、FW坂口選手がゴール前でFW堀田選手の右クロスに合わせて先制。後半2分にはMF龍選手が追加点を奪い、その後は守備陣が粘り強く守り抜いた。
 VALENTIAは相手の厳しい守備に苦しみ、好機をつくれなかった。

【戦評・決勝】サガン鳥栖U-12 2―0 PLEASURE SC RED

 サガン鳥栖U-12が要所で好機をものにし、2点を奪って相手を退けた。一進一退の攻防が続いた前半18分、コーナーキックからMF原口選手が頭で決めて先制。後半11分にはFW今泉選手の強烈なシュートが決まった。
 PLEASURESCREDはGK村上の好セーブで踏ん張ったものの、攻撃陣が決定機を生かせなかった。

 

◆サガン鳥栖U-12
 江頭(えがしら)駿(しゅん)監督
 決勝(けっしょう)はこの大会(たいかい)で一番(いちばん)難(むずか)しい試合(しあい)になりましたが、選手(せんしゅ)たちはボールを保持(ほじ)しながら、一人(ひとり)一人(ひとり)の役割(やくわり)をしっかり果(は)たしてくれました。U-15、U-18が全国(ぜんこく)大会で結果(けっか)を残(のこ)しているので、僕(ぼく)たちも負(ま)けないよう、3月(がつ)の九州(きゅうしゅう)大会(たいかい)を戦(たたか)いたいと思(おも)います。

◆サガン鳥栖U-12
 MF原口(はらぐち)幸之助(こうのすけ)選手
 ベスト16に入(はい)った昨年(さくねん)12月(がつ)の全国(ぜんこく)大会(たいかい)から持(も)ち味(あじ)のハードワークを見直(みなお)しました。決勝(けっしょう)はなかなかリズムをつかめなかったが、少(すこ)しずつ自分(じぶん)たちのペースに持(も)ち込(こ)むことができました。九州(きゅうしゅう)大会(たいかい)は優勝(ゆうしょう)を目指(めざ)し、小学生(しょうがくせい)最後(さいご)の大会を楽(たの)しみたいと思(おも)います。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加