卸業者の立場から農業に望むことの講演があったアグリビジネスセミナー=佐賀市の四季彩ホテル千代田館

 農業法人の若手メンバーで組織する「佐農人令和会」による第1回アグリビジネスセミナー(JA佐賀信連、日本食農連携機構共催)が7日、佐賀市で開かれた。会員ら約50人が参加し、野菜を卸している企業の社長の講演に聴き入り、流通側が求めている農業の在り方を学んだ。

 外食産業に特化した卸を担っているオリエンタルフーズ(筑後市)の堤弘幸代表取締役が講演した。安全な国産野菜を広めたいと、全国の生産者と20年以上付き合ってきたという堤氏は「パートナーにしたいのは農産物に誇りを持っている人。お金は大事だが、最初からお金の話をする人とは長続きしない」と述べ、熱意を持って作物を育ててほしいと強調した。常に消費者を思い描くことが重要とも話し「農業もものづくりで、最後は人。今日のご縁を大事に」と呼び掛けた。

 「業務用野菜流通の現場からの提言」として、オフィス梅谷(横浜市)の梅谷羊次氏も講演、講師を囲んでの情報交換会もあった。

 佐農人令和会は、県農業法人会の若手25人が連携を強めてビジネスの拡大につなげようと、昨年4月に結成した。麻生朗会長(麻生園芸社長)は「佐賀県の農業を引っ張っていけるように、しっかり勉強したい」とあいさつした。

このエントリーをはてなブックマークに追加