【ソルトレークシティー共同】スピードスケートの世界距離別選手権第2日は14日、米ソルトレークシティーで行われ、女子団体追い抜きで日本が2分50秒76の世界新記録で優勝した。従来の記録も日本が2017年に樹立。

このエントリーをはてなブックマークに追加