三養基郡の吉山侑佑(右)が宮原直大からたすきを受ける=1-2区中継所

大勢の応援を背に力走する杵島郡の小野良輔=6区

中継所に向けて力強くピッチを刻む鹿島市の谷口賢一郎=5区

たすきを握りしめ、ラストスパートをかける伊万里市の中島優大=10-11区中継所

■必死の走りで実力発揮

 谷口賢一郎(鹿島市=5区)前の選手を追い抜いた後も、抜き返されないかと必死で走った。練習不足の中、実力以上のものを出せてよかった。

 

■きょうの走りで挽回

 小野良輔(杵島郡=6区)入りが速すぎてペース配分がうまくいかず、思ったよりも遅くなってしまった。第2日の走りで挽回したい。

 

■関係者に感謝したい

 中島優大(伊万里市=10区)4年ぶりの出走を楽しみにしていた。勤務先の鹿島高校近くを走らせてくれた伊万里市チームの関係者に感謝したい。

 

■次は100%出し切る

 吉山侑佑(三養基郡=2区)区間3位と最低限の順位は残せたが、中間点を過ぎてからタイムが落ちてしまった。次は100パーセントの力を出し切りたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加