今春、高校を卒業する生徒たちを紹介します(五十音順、敬称略)。

 

■佐賀大学附属特別支援学校

 辻 翔汰(つじ・しょうた)人望が厚く、生徒会長や応援団長を務めた。「仕事を早く覚え、誰からも信頼されるように努力したい」と意気込む。県内のドラッグストアに就職する。佐賀市兵庫南。 

 西村 嘉浩(にしむら・よしひろ)全国障害者スポーツ大会の県選考会では、25メートル背泳ぎで大会新記録を出した。春からは自身が卒園した保育園ひなた村自然塾で働き、「園児さんのために頑張る」。佐賀市神野西。

 野口 和弥(のぐち・かずや)保健美化委員会委員長や応援団など、学校のリーダーとして活躍した。「多くの人とコミュニケーションを取りたい」と竹下コーポレーションに就職する。佐賀市兵庫北。

 馬場 美鈴(ばば・みすず)明るくいつも笑顔。クラスのムードメーカー的存在だった。「人と関わることが大好き。人として大きく成長していきたい」と、九州三喜(佐賀店)で働く。佐賀市多布施。

 

■金立特別支援学校

 池上 信之輔(いけがみ・しんのすけ)清掃や植物の世話など校内のボランティアに積極的に参加した。生活介護事業所を利用予定。「体調に気をつけながら一日一日を大切に過ごしたい」。佐賀市東与賀町。

 鍋内 風雅(なべうち・ふうが)クラスの係活動に意欲的に取り組んだ。iPadの操作法を学び、さまざまなアプリにチャレンジした。生活介護事業所を利用する予定。「毎日元気に過ごしたい」。上峰町。

 馬場 秀代(ばば・ひでよ)チャレンジ精神旺盛で、iPadの学習を通して周囲の人との交流の幅が広がった。療養介護事業所を利用する。「卒業できることがうれしい。家族に感謝」。佐賀市金立町。

 山本 翔太(やまもと・しょうた)学校生活を通して交流の輪が広がった。就労継続支援B型事業所に進む。「どんな時でも応援してくれた祖父母に感謝。働いたお金で旅行に連れて行きたい」。佐賀市朝日町。

 

■佐賀西

 荒木 ひろえ(あらき・ひろえ)バスケットボール部主将で、県総体ではベスト4に貢献した。「最高の仲間と全力でつくり上げた西高祭は一番の思い出」。国立大理系を目指し、医師を志す。小城市三日月町。

 伊賀屋 咲(いがや・さき)「あっという間の3年間」で、かけがえのない友人に恵まれた。成績優秀で英語が得意。「英語好きを増やしたい」と国立大文系を志望し、小学校教員を目標にする。佐賀市西与賀町。

 太田 洸陽(おおた・こうよう)社会研究部で模擬裁判選手権や英語ディベートで活躍。視野が広がり「経済を学びたい」と国立大文系を目指す。「最高の友人とサポートしてくれた家族に感謝」。白石町。

 織田 くれは(おだ・くれは)ボランティア活動で多くの学びを得た。国家間の医療格差をなくすため「国連のボランティアで経験を積み、WHOで働くことが目標」。筑波大医学群看護学類へ進む。鹿島市常広。

 小田 健人(おだ・けんと)水泳部主将。個人種目で九州大会に出場した。国際情勢を危惧し「幹部自衛官になり、国防に携わりたい」と防衛大学校に進む。夢を許してくれた家族に「感謝」。小城市三日月町。

 杉原 翔太(すぎはら・しょうた)読書で幅広い教養を身に付け読書体験記コンクールで全国2席。友人とクイズ番組や漫才の活動も楽しんだ。「人の役に立つ勉強をしたい」と国立大理系を志望。佐賀市若宮。

 

 諸隈 碧(もろくま・あおい)テニス部主将でインターハイ出場。「全国大会を目指した仲間との日々はかけがえのない思い出」。私立大理系志望。両親の背中を追い「信頼される医師になりたい」。佐賀市若宮。

 今春、高校を卒業する生徒たちを紹介します(五十音順、敬称略)。あすは盲学校、ろう学校、大和特別支援学校、中原特別支援学校の予定です。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加