緒方剛支店長(右)と中村裕事務局長(右から2人目)から車両を寄贈された西村明純園長(同3人目)ら=佐賀市の佐賀清光園

 オリックスグループの「オリックス宮内財団」(宮内義彦代表理事)は12日、佐賀市呉服元町の児童養護施設「佐賀清光園」に車両1台を贈った。昨年8月末の佐賀豪雨で浸水被害に遭った軽自動車の代わりとなる車両で、児童の送迎に使われる。

 寄贈式では、オリックス福岡支店の緒方剛支店長が「今後も多くの人の役に立てるよう精進していきたい」とあいさつ。同財団事務局の中村裕事務局長から、西村明純園長に目録とレプリカキーが手渡され、西村園長は「大切に使わせていただきます」とお礼を述べた。

 同財団は2006年から、全国の福祉施設や児童養護施設に福祉車両などの寄贈を続けている。本年度は7施設に寄贈し、これまでに計110台の車両を贈っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加