警察官の腕にかみついたとして、鹿島署は14日、公務執行妨害の疑いで、鹿島市の佐賀県非常勤職員の男(22)を現行犯逮捕した。県によると、男は県果樹試験場で勤務している。

 逮捕容疑は14日午前5時ごろ、鹿島市古枝の歩道上で、警察官の左腕にかみつく暴行を加えた疑い。「知らない」と容疑を否認している。

 同署によると、現場付近にいた20代男性から「信号停車中に酔っぱらいが車にぶつかってきた」との110番があり、パトカーで駆け付けた警察官2人が国道上をうろついている男を発見した。暴れる男の両腕を2人でつかんだところ、犯行に及んだ。

 男からは呼気1リットル中0・77ミリグラムのアルコールを検出した。飲酒した量や場所について「覚えていない」と話しているという。

このエントリーをはてなブックマークに追加