2018年2月に陸上自衛隊目達原駐屯地(神埼郡吉野ヶ里町)所属のAH64D戦闘ヘリコプターが神埼市千代田町の民家に墜落した事故で、岩田和親防衛政務官や防衛省関係者は14日、佐賀県庁を訪れ、山口祥義知事に同型機の飛行を近く再開する考えを説明した。

 岩田政務官は、17日以降に目達原駐屯地所属の機体のエンジン試運転の点検などを行うと述べ、その後に飛行を再開すると説明した。飛行再開時期については「点検には2、3週間を要する見込み」とし、3月になる見通しであることを示唆した。

このエントリーをはてなブックマークに追加