ひらめきに優れるプレーを見せるMF本田風智=沖縄県の読谷村陸上競技場

 鳥栖U―18からトップチームに昇格したMF本田風智(18)。中盤のポジションから決定的なパスを供給でき、自らゴールを奪う力もある。「見ている人をわくわくさせたい。そうすればおのずと評価される」。サポーターを魅了するプレーで、開幕スタメンの座をつかむつもりだ。

 福岡県出身で170センチ、64キロ。PFTC北九州ジュニアユースから鳥栖U―18に入り、昨年はトップチームに2種登録された。5月22日のルヴァン杯・FC東京戦で公式戦初出場を果たした。

 局面をドリブルで打開し、周囲を使いながらゴールに迫るスタイルが持ち味。創造性豊かなプレーが光り、練習ではDFを置き去りにするようなスルーパスや鋭い動き出しを見せる。「ほかの人と感覚が違うのは自分の良さ」。決定力も高く、練習試合では2試合連続得点を記録した。

 沖縄キャンプでは、「人生で初めてやった」という一発芸を披露。「今までの自分になかった部分を引き出してもらえた」と恥ずかしそうに振り返る。「サッカーでも自分の良さを味方に知ってもらい、プレーしやすくしたい」とアピールを続けていく。

このエントリーをはてなブックマークに追加