脇山伸太郎町長

 福井県の建設会社側から現金100万円を受け取っていた東松浦郡玄海町の脇山伸太郎町長は13日、佐賀県庁で小林万里子副知事と面会し、陳謝した。町長は取材に「私の金銭授受(問題)で迷惑を掛けた。おわびをしにきた」と述べた。

 脇山町長は取材に「(知事や副知事の)トップ3人のうち、どなたかに一度会っておわびをするべきと考えていた」と説明した。山口祥義知事が12日の定例会見で「原発立地県・町という意識を持ってやってもらいたい」と求めたことに関しては「厳粛に受け止めている」と話した。

 脇山町長は14日、町役場で臨時の区長会を開き、問題の経緯などを説明する。

このエントリーをはてなブックマークに追加