3月末で閉館することが決まった嬉野市体育館=嬉野町

 嬉野市体育館(嬉野町)が3月末で閉館する。天井や地下の基礎部分の老朽化が進んでおり、約50年の歴史に幕を下ろす。市は3月定例議会に関連議案を提出する。跡地の活用方法や取り壊しの時期は未定。

 市体育館は1969年に開館し、スポーツイベントなどで利用されてきた。市は天井などを補修してきたが、昨年11月の定期検査で一層の補修や補強の必要性が指摘されていた。メンテナンス費用がふくらむ点や、昨年4月に市中央体育館「U-Spo(ユースポ)」が近くに完成したことを踏まえ、閉館を決めた。

 市中央体育館や市社会文化会館「リバティ」(塩田町)が代わりに機能を担う。

このエントリーをはてなブックマークに追加