体力向上に向けて積極的に取り組み、学校を代表して表彰を受けた先生や子どもたち=県庁

受賞校を代表し、8の字とびを通して学んだことなどを話す多々良涼真さん=県庁

 佐賀県教育委員会は10日、子どもたちの体力向上に向けて実施している「スポーツチャレンジ」で優秀な成績を収めるなどした小学校15校を表彰した。

 県教委は、子どもが運動に親しむきっかけになるよう、ルールが簡単で体力向上につながる団体競技をスポーツチャレンジに定めている。ドッジボールラリーや8の字とびなど7種目がある。

 本年度は109校が、学校、クラス、縦割り班単位で参加した。各種目で1位を達成したクラスに「スポーツチャレンジ賞」、取り組む頻度が高かった学校には「スポーツチャレンジエントリー賞」など4部門で表彰した。

 表彰式は県庁で開かれた。8の字とびで542回の記録を出した新栄小(佐賀市)6年代表の多々良涼真君は「長縄は苦手だったが、積極的に取り組むことで飛べるようになった」と話した。

 受賞校と記録は次の通り。

 【スポーツチャレンジエントリー賞】(1)北鹿島小(鹿島市)(2)七山小(唐津市)(3)入野小(同)

 【スポーツチャレンジ賞】8の字とび(1)新栄小6年2組(佐賀市)542回▽ドッジボールラリー(1)七山小4年1組(唐津市)136回▽みんなでウオーキング(1)浜崎小3年1組(同)17747歩▽みんなで輪くぐり(1)久間小2年1組(嬉野市)6秒▽オリンピック選手にちょうせん(1)大野原小5年1組(同)1時間55分01秒▽握力(1)千代田東部小6年1組(神埼市)28・4キロ▽たてわりでちょうせん8の字とび(1)中川副小3班(佐賀市)284回(2)武内小6班B(武雄市)261回(3)中川副小5班(佐賀市)228回

 【敢闘賞】久里小2年2組(唐津市)=ドッジボールラリー131回▽佐志小2年1組(同)=みんなで輪くぐり8・5秒

 【体力・運動能力調査優良校】大良小(唐津市)巨勢小(佐賀市)大志小(唐津市)

このエントリーをはてなブックマークに追加