ハローワークの就労支援について紹介する主任就職促進指導官の中川三夫さん=佐賀市のほほえみ館

 子どもを連れての離婚や養育費、仕事について考える講演会が8日、佐賀市のほほえみ館で開かれた。約20人が参加し、ハローワークの就労支援の紹介、一人親として子育てをしている経験者とのグループワークを通して、子どもの未来のために考えを深めた。

 講演会でハローワークの職員は、キッズフロアや授乳室がある窓口「マザーズコーナー」や在職中の人も資格取得やスキルアップが目指せる「教育訓練給付金」制度などを紹介した。経験者とのグループワークでは、それぞれの状況を話しながら、養育費について早くすっきりしたい気持ちを我慢して、話し合うことの重要性や公正役場を利用することなどを意見交換した。

 参加した20代女性は「仕事に就くには資格を取ることが大切なんだと思った」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加