新設されるアリーナ2階の玄関広場のイメージ図(佐賀県提供)

 「歩くライフスタイル」を推進する県は新年度、すごろくのスタイルでまち歩きを楽しむイベント「リアル版人生ゲーム」を企画する。地図を手に、実際の商店街の店舗などを升目に見立てて、ルーレットを回して巡る。昨年8月の豪雨の被災地を中心に秋以降に開催する予定で、地域の魅力を感じながら、「賑にぎわい」づくりにつなげる。

 SAGAスポーツピラミッド(SSP)構想は、これまで取り組んできたトップアスリートの育成に加え、小中学生を対象にジュニアアスリートを発掘していく。また、競技とビジネスの融合を推し進める狙いで関係者による「SSPミライミーティング」を開く。

 佐賀市のSAGAサンライズパーク(旧佐賀県総合運動場一帯)の整備も進める。中核施設で約8400席の観客席を持つアリーナの新築工事をはじめ、水泳場の新築工事や陸上競技場のメインスタンドの増改築が本格化していく。2023年の国民スポーツ大会・全国障害者スポーツ大会に向けて機運を高めていく。

このエントリーをはてなブックマークに追加