公共交通に関する小城市の会合は、30分程度で終わった。3月末で廃止になる市内の路線バスの代替交通手段が主な議題だったが、対象地域の住民も交えた委員18人から懸念や異論は一つも出なかった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加