セーリングの男子レーザー級世界選手権第2日は12日、オーストラリアのメルボルンで行われ、4レースを終えて鈴木義弘(早大)が総合65位から69位に後退した。北村勇一朗(サコス)が84位、南里研二(百五銀行=唐津西高出身)が87位で続いた。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加