肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染者の情報に関し、佐賀県の山口祥義知事は12日の定例会見で「佐賀県は患者の滞在先、行動歴などは原則公開したい」との考えを示した。

 厚生労働省はプライバシー保護を理由に公表には慎重だが、大阪府は府内で発生が確認されれば滞在・居住地域を明らかにする独自ルールを決めている。国と自治体とで行動履歴の発表範囲が異なる点を問われた山口知事は、県内では患者や感染の疑いがある人は確認されていないとした上で、情報は「基本的には公開」と話した。「個人的な形で問題が起きてしまうことは本意ではない。そこも踏まえることが大事」とも述べ、個人情報には留意する方針を示した。

このエントリーをはてなブックマークに追加