大和証券佐賀支店の堀内奈穂子支店長(右)から贈呈書を受け取ったスマイル多久女の会の山口繁子代表=佐賀市の同支店

 ボランティア活動を後押ししようと、大和証券福祉財団は6日、地域行事の接待や福祉活動などを行う多久市の「スマイル多久女(じょ)の会」(山口繁子代表)に助成金30万円を贈呈した。

 佐賀市駅南本町の大和証券佐賀支店で開かれた贈呈式では、堀内奈穂子支店長が、山口代表に贈呈書を手渡した。同会は以前あった婦人会を母体に3年前に結成し、イベントでの昼食作りや祭りでのもてなしなど地域に寄り添った活動を続けてきた。山口代表は「活動の幅が広がり、手助けになる」と謝辞を述べた。助成金は備品の購入費などに充てる。

 同財団は1994年に設立し、全国のボランティア団体を支援。本年度は179団体に総額4517万円を助成した。

このエントリーをはてなブックマークに追加