全日本女流アマ囲碁選手権佐賀予選会で全勝し、県代表となった大久保ちよりさん=佐賀市の日本棋院佐賀中央支部

 「第62回全日本女流アマ囲碁選手権」の佐賀予選会が9日、佐賀市駅前中央の日本棋院佐賀中央支部で開かれた。武雄市の山内中2年の大久保ちよりさんが初優勝し、全国の切符を手にした。

 県内に住む9歳~70代の8人が参加した。決勝は武雄青陵中1年の今泉青季さん(13)=有田町=との中学生対決となった。握って今泉さんが先番で、立ち上がりは五分五分の展開だった。中盤に大久保さんがうまく立ち回って相手の厚みを消し優勢となり、22目半勝ちを収めた。

 大久保さんは学童保育で小学3年から囲碁を始めた。今では本をいつも持ち歩き、毎日のコンピューター対局を欠かさず、1級の腕前。今泉さんとは仲が良く「何度も対戦し、大きな大会では負けていた。勝てるとは思わなかった」と振り返った。

 3月14、15の両日に東京都の日本棋院東京本院で開かれる全日本選手権については自然体で臨む姿勢を示し、「自分らしく打てたらいいかな」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加