全校児童98人が作った磁器を紹介する「第16回やきもの展」が6日、有田町の有田小(島ノ江佳弘校長)で開かれた。有田焼の産地ならではの取り組みで、指導に当たった保護者や地域住民らに披露した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加