ゲンジボタルを遺伝子レベルで解析すると、東日本と西日本、九州の三つの地理的集団に分けられるという研究結果を、佐賀大学総合分析実験センターの永野幸生准教授(ゲノム科学)らのグループが明らかにした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加