蓄音機やレコード盤を見学する三日月小の3年生=小城市立歴史資料館

ぜんまいの力で動き、1時間おきに音が鳴る柱時計の仕組みを学ぶ三日月小の3年生=小城市立歴史資料館

「分銅」と呼ばれる重りを使って物の重さを測る三日月小の3年生=小城市立歴史資料館

 明治から昭和にかけて日常生活や仕事で使われていた道具を紹介し、暮らしの移り変わりをたどる企画展が、小城市立歴史資料館で開かれている。便利になった現代の道具と比べながら、生活を豊かにするための先人たちの知恵や工夫を感じ取れる。企画展示室で3月1日まで。入場無料。

 「くらしのうつりかわり展」と題した年1回の展示会で、かまどでご飯を炊く際に使う「羽釜(はがま)」や炭の熱を利用した「木炭アイロン」、お湯を入れ、布にくるんで布団に入れて温める湯たんぽなど約50点を並べる。

 触れたり、動かしたりできる道具もあり、社会科の授業で小学生が見学に訪れた時には、ボランティアの市民学芸員が道具の使い方を教えている。児童たちは「分銅」と呼ばれる重りをつるして調べたい物の重さを量り、「誰が発明したんだろう。すごいね」などと感心していた。

 毎週月曜は休館。問い合わせは小城市立歴史資料館、電話0952(71)1132。

このエントリーをはてなブックマークに追加