佐賀市伊勢町の伊勢神社(古川和生宮司)で10日の夕方から11日にかけて、伊勢大神宮大祭が開かれた。商売繁盛や五穀豊穣(ほうじょう)などを祈願する参拝者たちでにぎわいを見せた。 同大祭は1923(大正12)年から戦時中も途切れることなく続く。