人手不足を背景に、佐賀県内のスーパーでも営業時間を短縮する動きが広がってきている。かつては24時間営業のコンビニエンスストア対抗策で営業時間を延長する傾向から転換し、開店時間を1時間遅くしたり、季節によって営業時間を変えたりして、業務改善や働き方改革へつなげている。