多くの種類が用意されたバレンタインコーナー=佐賀市のゆめタウン佐賀

バレンタインのコーナーが盛り上がりを見せている洋菓子店=佐賀市川副町のシェ・ヤマモト

 14日のバレンタインデーを前に、デパートや大型商業施設の特設売り場は多くの買い物客でにぎわっている。本命、義理に友チョコ、そして自分自身へのご褒美チョコと贈る理由もさまざま。今年はご褒美チョコで目新しいブランドに手を伸ばす傾向があり、高めの価格帯でも売れ行きがいいという。

 各店の特設コーナーは1カ月前から多種類のチョコレートが並ぶ。義理は500円前後、本命は3千円以内で商品が動いている。

 佐賀市の佐賀玉屋はチョコの本場、ベルギーから届くレオニダス、クァウテモックなどの高級チョコを扱う。担当者は「数量に限りがあるので早めの購入がお勧め」と話す。

 ゆめタウン佐賀(佐賀市)では、今回初めて売り出すブランドチョコのゴンチャロフ「ジェンティ&リンフォード」などは2月初めに売り切れ、再入荷中という人気ぶりだ。ベビーカーを押しながら選んでいた佐賀市の20代女性は「夫に贈る。リクエストに合う品探しが難しい」、熱心に眺めていた多久市の70代男性は「自分用。チョコが好きで福岡でも買うが、ここらへんが手頃で良い」と笑顔を見せる。

 佐賀市のイオン佐賀大和店では「感謝を伝える日になりつつあり、相手の好きな物を贈りたいという需要が高まっている」と分析、チョコ以外に酒やハンカチ、ベルトなどのコーナーも展開、反応もいいという。

 この時期限定で嬉野市の五町田酒造とコラボし酒(さけ)粕(かす)を使用した「東一 大吟醸トリュフ」を販売するのは佐賀市川副町のシェ・ヤマモト。食べると日本酒の香りや酒粕に漬け込んだセミドライイチジクのプチプチとした食感が楽しめる。大吟醸の酒粕をぜいたくに使った「東一 大吟醸バターサンド」は県外からの客も多く、店員は「チョコが苦手な方にどうぞ」と呼び掛ける。

このエントリーをはてなブックマークに追加