今春、高校を卒業する生徒たちを紹介します(五十音順、敬称略)。

■弘学館

 石川 明希(いしかわ・あき)何でも自分でやる寮生活で家族の大切さを感じた。国立大医学部に進み「お年寄りから頼りにされる父のような医師になりたい」。大分県豊後大野市。

 

 川瀨 優斗(かわせ・ゆうと)バスケ部部長で県ベスト8、科学の甲子園全国大会に出場し、クラス委員も務めた。「人に恵まれ支えてもらい感謝している」と話す。国立大理系に進学して科学の研究者になるのが目標。福岡県筑紫野市。

 

 澁谷 建太朗(しぶや・けんたろう)生徒会長。バスケ部で諦めずやり通すことを学んだ。早稲田大政治経済学部に進学し「他国を知り、外務省や国連で環境問題や紛争解決に携わりたい」。佐賀市八幡小路。

 

 富安 春文(とみやす・はるふみ)テニス部主将で県総体で模範競技者賞。生徒会では学園祭実行委員長。「行動に責任を持ち仲間と協力するリーダーの資質を身に付けた」。国立大医学部志望。福岡県大牟田市。

 

 中野 友紀崇(なかの・ゆきたか)県海外使節団でカリフォルニアに行き「人のつながりが強い佐賀の魅力を、外の目線から再認識した」。東京大文科志望、将来は佐賀に戻り地域振興に尽力したい。佐賀市唐人。

 

 中橋 高帆(なかはし・たかほ)国立大医学部志望で「医業と家庭を両立しながら、佐賀の魅力を発信する身近な県議会議員になりたい」。陸上部主将で400メートルの自己ベストを出せたのが思い出。佐賀市唐人。

 

 牧角 咲希(まきすみ・さき)寮生活で協調性を学び、寮で裏方の仕事を多くこなしたことで準備の大切を痛感した。心理学に興味があり、国立大医学部に進学し「精神科の医師になりたい」。福岡県北九州市。

 

■致遠館

 石田 千穂(いしだ・ちほ)弓道部副部長。昨年はオーストラリアでの語学研修にも挑戦した。国立大理系への進学を志し「獣医師になって人と動物の心をつなぐ懸け橋になりたい」。みやき町。(理数科)

 

 内橋 優斗(うちはし・ゆうと)前期生徒会長。日赤の海外派遣事業で県代表でベトナムを訪れた。慶應義塾大法学部政治学科に進学し「発展途上国が自立する方法を学びたい」。小城市三日月町。(普通科)

 

 永渕 咲希(ながふち・さき)女子バスケ部部長などリーダーシップを発揮。教師と交流するプロジェクトにも参加。「小学校教諭になりたい」と福岡教育大初等教育教員養成課程へ。佐賀市大和町。(普通科)

 

 日高 愛優(ひだか・あゆ)陸上部部長で学業と両立させた。「周囲の支えがあった」。昨年の県総体の1600メートルリレーでチームベストを更新したことが思い出。国立大医学部志望。佐賀市兵庫町。(普通科)

 

 松本 悠希(まつもと・ゆうき)野球部主将。部活や勉強、学校行事に全力で取り組んだ。国立大理工学系を目指し「安心して暮らせるように、災害に強いまちづくりを学びたい」。佐賀市金立町。(理数科)

 

 吉田 稜(よしだ・りょう)サッカー部に所属し、「2年時の県高校新人大会で、ベスト8になったことが思い出」。海外の貧困問題などに関心を持ち、国立大総合学部を目指す。佐賀市鍋島町。(理数科)

 

 李 星芸(り・せいうぉん)常に学年トップの優秀な成績を修めた。英検準1級を取得。国立大理系への進学を希望し「がんの新しい治療法など医療の研究に携わりたい」と話す。佐賀市兵庫町。(理数科)

このエントリーをはてなブックマークに追加