貴重で珍しい美しいひな人形を見ることができます

 2008(平成20)年に本町アーケードが撤去された後、誕生した古伊万里通り。かつて商家が立ち並び、全国の商人たちが行き交い、大変なにぎわいを見せた伊万里中心街のその通りで、22日から3月22日まで「古伊万里通りのおひなさま」が開催されます。

 旧家に眠る貴重で珍しいおひなさまを多くの方に見てもらい、焼き物の積出港として栄えた商人の町伊万里を知ってほしい。通りの女性が中心となり、実行委員会(吉冨清美実行委員長)を結成し、初めての開催に向けて準備を進められています。

 老舗石見屋呉服店所蔵の昭和初期の豪華な段飾りのほか、古くは江戸時代から平成のものまで。約20組が同呉服店、伊豫屋、伊万里まちなか一番館に展示され、自由に見学することができます。

 また、期間中の土日には和楽器のコンサートや落語会などのほか、さまざまなワークショップが開催される予定で、イベントも盛りだくさんな1カ月となっています。(地域リポーター・中尾良樹=伊万里市山代町)

このエントリーをはてなブックマークに追加