離婚をしたいのですが、相手が応じてくれません。このまま離婚できないのでしょうか。

  当事者間の話し合いのみで離婚が成立する場合を協議離婚といいます。ご質問のケースは、相手が離婚に応じないとのことですから、協議離婚が難しい場合です。しかし、調停や裁判で離婚を求めることができます。

 調停とは、当事者が裁判所で話し合い、離婚をするかどうか、及びその条件を考える制度です。調停委員2人と一方が話し合いをした後に、同じ調停委員と他方が話し合いをすることが多いです。調停は、話し合いでの解決を目指すものですので、一方が欠席したり、話がまとまらなかったりした場合には不成立となります。しかし、不成立となった場合でも、裁判により離婚を求めることができます。

 裁判官が離婚を認めた場合、相手が応じないという態度をとっていても、強制的に離婚の効果が生じます。いわゆる裁判離婚です。裁判では、民法上の離婚事由があることを主張します。例えば、相手が不倫をしたとして「不貞な行為」があったと主張します。不倫に限らず、家庭内暴力や生活費の不払いなどが離婚事由として認められるケースもあります。このように,相手が離婚に応じなくても、裁判により離婚を求める方法もあります。

 なお、当事者のみで話し合うことが難しく、間に誰かが入って話し合いをしたい場合には、協議離婚の話を待たずして、調停で離婚を求めることもできます。もっとも、調停を経ずに裁判を直ちに行うことはできません。裁判の前には必ず調停での話し合いを行う必要があります。

 上記の通り、離婚についても専門的な知識が必要となる場合があります。離婚は誰にでも起こり得る問題ですので、お悩みの際はお近くの法律事務所に相談に行ってみてください。

 (弁護士 吉丸雄輝 小城市)

このエントリーをはてなブックマークに追加