「ぼくのたからもの1シーン(提供)

 福岡県を拠点に全国で活動している劇団さんぽを迎えての観劇会「ぼくのたからもの」が25日10時から、佐賀市開成の鍋島保育園で開かれる。

 鍋島保育園子育てサロンどんぐりの主催で、毎年多くの親子を楽しませている。

 「ぼくのたからもの」は、見た目は似ているアヒルとガチョウ2羽の物語。ケンカをしている中で、その2羽が見つけた一つの「たまご」を通し、命や友達の大切さを知っていく内容となっている。

 対象は未就学児の親子。参加費は無料だが、事前申し込みが必要。申し込み・問い合わせは、鍋島保育園子育てサロンどんぐり、電話0952(34)5577。 

このエントリーをはてなブックマークに追加