昨年8月末の豪雨で、油流出の被害を受けた杵島郡大町町福母地区で8日、農地への石灰散布が始まった。農地約43ヘクタールに散布し、油の分解を促す。6月ごろからの営農再開を目指す。 農家20戸でつくる「福母地区営農組合」が実施した。