ありのままの自分で「成りたい人」への一歩を踏み出す「佐賀LGBTs成人式」が24日午前11時半から、佐賀市本庄町のザ・ゼニスで開かれる。ファッションショーやメッセージの展示で、自分らしく生きる仲間と絆を深める。参加無料。

 佐賀で昨年11月に発足した性的少数者の居場所づくりに取り組む団体「SOiGIEs(そいぎーず)」が主催。性的指向と性自認、性表現を表す「SOGIE(ソジー)」と、佐賀弁で「またね」などを意味する「そいぎ」を組み合わせ、多様な人たちが「またね」と言い合える環境を目指している。

 ファッションショーは、自認する性の服など好きな衣装でランウエーを歩く。全国から届いたメッセージや性の多様性への理解を深める関係資料を展示する。ツイッターとインスタグラムでは「#そいぎーメッセージ2020」のハッシュタグで、23日までメッセージも募集している。希望者には振り袖の着付けやヘアメークもある(無料、要予約)。

 同団体の茜さん(27)は「性別や年齢、セクシャリティなど関係なく、一緒に一歩を踏み出していければ」と話す。問い合わせはSOiGIEs、メールsoigi.sogie@gmail.com。

このエントリーをはてなブックマークに追加