ブースを訪れた求職者に事業所の説明をする企業=佐賀市のガーデンテラス佐賀

 県内に事業所がある福祉関連の60企業が集まる合同就職面談会が5日、佐賀市のガーデンテラス佐賀で開かれた。求職者87人が各ブースを回り、それぞれの特徴や条件などを聞いた。

 介護、医療、保育などの事業所を運営する企業が、372件の職種で570人を募集した。ブースでは学生や転職希望者たちが、施設の考え方や労働環境などを尋ね、理解を深めた。

 介護福祉士の国家試験を受けたという西九州大短期大学部介護福祉コース2年の上河敦史さん(19)=白石町=は「利用者としっかりコミュニケーションを取れる職場で働きたい」と話した。

 ハローワーク佐賀管内で、福祉関連の求人倍率は2・71倍(昨年12月時点)。七田覚所長は「企業側は労働環境の改善も求められている。求職者のニーズを肌で感じる機会になれば」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加