今春、高校を卒業する生徒たちを紹介します(五十音順、敬称略)。

■伊万里

 島本 紘希(しまもと・ひろき)理化・生物部と写真部で活躍。伊高祭ではステージでヲタ芸を披露した。「学校でやりたいことは全部やった」。九州工業大に進学。プログラマーを目指す。伊万里市松浦町。

 田中 春香(たなか・はるか)卓球部の部長を務めながら、福祉施設などでのボランティア活動に積極的に参加した。国立大文系を志望。「貧困に苦しむ子どもの支援に携わりたい」。伊万里市東山代町。

 野田 こはる(のだ・こはる)「さが総文」文芸部門の実行委員長を務めた。県総文祭の詩部門で2年連続1席。国立大文系を志望。日本語の研究者を目指すが「ホテルの世界も興味がある」。伊万里市二里町。

 松尾 拳志(まつお・けんし)野球部の主将。2年の春に甲子園に出場し、大阪桐蔭を相手に「物おじせずはつらつとプレーできた」。伊万里・有田消防組合に就職し、憧れの消防士になる。伊万里市大川町。

 三浦 優芽(みうら・ゆめ)生徒会長としてリーダーシップを発揮し、伊高祭を成功させた。「これからも明るさと笑顔を忘れずに毎日を過ごしたい」。国立大理系を志望。薬を開発する研究者を目指す。有田町。

 百束 初夏(ももつか・はつか)剣道部で主将を務め、全国選抜大会出場を果たす。仲間と励まし合い大舞台に臨んだことがいい思い出。看護専門学校を志望。「信頼される助産師になりたい」。唐津市相知町。

 吉岡 信吾(よしおか・しんご)テニス部の主将。顧問にチームの運営を任せてもらい、「大変だったけどリーダーとして大切なことを学んだ」。国立大理系を志望。材料工学に興味がある。伊万里市二里町。

 

■太良

 池田 崇真(いけだ・まこと)弓道部副主将。県総体個人6位の好成績を収めた。インターンでの学びを通じて目標を見つけた。西九州大に進学し、将来は「子どもに携わる仕事に就きたい」。鹿島市古枝。

 江口 元気(えぐち・もとき)弓道部長。メリハリのある練習を心掛けた。自分なりに考えて、問題を解いていく数学の面白さに出合った。国公立大経済学部志望で「数学に関わる仕事をしたい」。白石町。

 江越 未来(えごし・みく) 体育祭リーダー。書道部で腕を磨き、文化祭で大書した「感謝」を大事に社会に出る。「3年間で大切な友だちができた」。嬉野市の旅館、萬象閣敷島に就職する。鹿島市重ノ木。

 川原 瑠美(かわはら・るみ) 生徒会長として学校を盛り上げた。文化祭では、七賢人モザイクアートを制作、体育祭もやり遂げた。「前に進むことができた高校生活」。日本郵便に就職する。太良町。

 坂本 智也(さかもと・ともや) パソコン部。10分1000字のタイピングを練習して技術を向上した。佐賀コンピュータ専門学校に進学する。「将来はグローバルに活躍するビジネスマンになる」。鹿島市古枝。

 猿渡 裕子(さるわたり・ゆうこ)美術部副部長。県高校スケッチ大会入選を果たした。「個性豊かな仲間たち」との出会いは財産に。公認会計士の資格取得を目指して、創価大経営学部へ進む。佐賀市神野西。

 針久保 祐衣(はりくぼ・ゆい)野球部マネジャー、台湾研修、体育祭リーダーと「いろんな挑戦と経験ができた」。佐賀歯科衛生専門学校に進む。今まで以上に勉強して歯科衛生士になる夢を形にする。太良町。

このエントリーをはてなブックマークに追加