ラグビーボールでパスを練習する子どもたち

 昨年のワールドカップ(W杯)をきっかけに人気が高まるラグビーの体験教室が2日、鳥栖市の駅前不動産スタジアムで開かれました。小学生約140人が参加し、トップリーガーと共にラグビーの魅力(みりょく)に触(ふ)れました。
 トップリーグの公式戦「宗像(むなかた)サニックス-クボタ」の試合前にピッチで開催(かいさい)し、両チームの選手計8人と高校生が指導(しどう)役を務(つと)めました。
 子どもたちは4グループに分かれ、トライやラインアウト、パスキャッチやタグラグビー形式の鬼(おに)ごっこに挑戦(ちょうせん)。トライ練習ではゴールに置かれたマットにボールを持って勢(いきお)いよく飛(と)び込(こ)んだり、鬼ごっこではタグを取られないように小刻(こきざ)みなステップを踏(ふ)んでかわしたりするなど、初めてのラグビーを楽しんでいました。
 兄弟で参加した鳥栖市の岡本環太(おかもとかんた)君(7)は「ジャンプしてボールを取るところ(ラインアウト)が楽しかった」。兄の瑛太(えいた)君(10)は、トライの練習が印象に残ったといい、「ラグビーをやってみたくなった」と話していました。(4日付15面)

このエントリーをはてなブックマークに追加