「科学の甲子園ジュニア全国大会」の実技競技で3位になった佐賀大附属中のメンバー。左から百武主将さん、原田尭恒さん、伊藤康三郎さん=佐賀市の同校

 佐賀市の佐賀大附属中の生徒3人が昨年12月、茨城県(いばらきけん)つくば市で開かれた「科学の甲子園(こうしえん)ジュニア全国大会」の実技(じつぎ)で3位に輝(かがや)きました。磁石(じしゃく)に関する競技(きょうぎ)で試行錯誤(しこうさくご)を重ね、メンバーは「結果は悔(くや)しいけど、みんなで取り組み、達成感もあった」と話しました。
 3人は全員2年生で、百武(ひやくたけ)主将(かずまさ)さん、原田(はらだ)尭恒(たかつね)さん、伊藤(いとう)康三郎(こうざぶろう)さん。大会は全国の中学生が科学に関する知(ち)識(しき)や技能(ぎのう)を競(きそ)うもので、47都道府県の代表チームが出場しました。
 大会では筆記と実技があり、それぞれの得点の合計で総合成績(そうごうせいせき)を決めました。実技は2種類あり、3人が出場したのは、転がる磁石を別の磁石の力で動かす競技。アクリル板の上を転がる磁石が決められた場所を通過(つうか)するように、板の下に複数(ふくすう)の磁石を配置します。板上の決められた地点を通過させることで得点を競いました。
 メンバーは磁石の置き方に悩(なや)んだといい、近くの佐賀西高サイエンス部の生徒と一緒(いっしょ)に練習を行うこともありました。指導(しどう)した山崎(やまさき)寛己(ひろき)教諭(きょうゆ)(39)は「みんな楽しそうに取り組んでいた。科学に興(きょう)味(み)を持つ生徒の輪を広げてほしい」と話しました。
 大会には武雄青陵(せいりょう)中と合同の県チームで出場。この実技には附属中の3人が出場しました。(1月31日付21面)

このエントリーをはてなブックマークに追加