「サガサウナ」のイメージ(提供)

「サガサウナ」のロゴ(提供)

枝葉を用いるマッサージ「ウィスキング」に用いる道具「ヴィヒタ」を嬉野茶のチャノキで作る(提供)

 サウナと嬉野茶がコラボしたイベント「サガサウナ」が3月6~8日、東京都の遊園地「よみうりランド」で開かれる。東京五輪・パラリンピックの事前キャンプで、サウナ発祥のフィンランドを受け入れることがきっかけ。国内最大のサウナ検索サイト「サウナイキタイ」が全面プロデュースし、蒸気を通じて全身でお茶を堪能する独特な体験で、サウナファンをはじめ広く嬉野茶をPRする。

 県の情報発信プロジェクト「サガプライズ!」の一環。会場には10基のテントサウナを設置する。専用ストーブで熱した石(サウナストーン)に、濃いめの釜いり茶、ほうじ茶、玄米茶、紅茶の4種類の嬉野茶を掛け、香りと共に立ち上る蒸気を浴びる。サウナストーンは有田焼を使う。

 抽選による限定サービスとして、柔らかい枝葉を用いるサウナならではのマッサージ「ウィスキング」や、タオルで熱波を送る「アウフグース」も行う。ウィスキングには通常、シラカバやオークの枝葉を使うが、嬉野茶のチャノキを使用。サウナ界で人気のウィスキング集団「しらかばスポーツ」と熱波師・マグ万平さんがパフォーマンスする。

 嬉野茶は、昨年の全国茶品評会で釜いり茶部門の最高賞を受賞するなど高い品質を誇っている。会場では嬉野茶の試飲や、嬉野茶を用いたサウナ上がりの食事「茶ウナ飯」も提供する。

 特設サイトでチケットを発売している。前売り券は入園料も含め2500円(当日券は500円高)。

このエントリーをはてなブックマークに追加