見頃を迎えている有須田家のしだれ梅=唐津市浜玉町横田上

樹齢約100年という吉村さん宅のしだれ梅=唐津市浜玉町平原

 佐賀県唐津市浜玉町の各所で春の訪れを告げる「しだれ梅」が開花し、見頃を迎えている。四方に伸びた枝に付いたかれんな花々とほのかな甘い香りが来場者を楽しませている。

 横田上の有須田房枝さん(89)宅の庭には、樹齢117年の古木をはじめ房枝さんが嫁入りした時に接ぎ木した樹齢68年の梅など、紅白12本が九分咲きで鮮やかに咲き誇っている。

 有須田さんによると、年末の気温が高かったことから今年の開花は1週間ほど早いという。有須田さんは「気温次第だが、来週までは楽しめます」と話す。入園料200円。

 また、平原の吉村さん宅では樹齢約100年の古木が八分咲きに。淡いピンクの花の中にメジロも飛来していた。2、3日後には満開を迎えるという。

 浜玉町の各地では個人宅を含め、しだれ梅の名所がある。問い合わせは浜玉観光案内所、電話0955(56)6937。

このエントリーをはてなブックマークに追加