2ヶ所の赤川が書き込まれた大正2年国土地理院地図(加筆)

 佐賀県鳥栖市の東南端にある水屋町付近では、小郡市との境界(現在は県境、昔は国境)は宝満川となっています。ところが、鳥栖市酒井東町の赤川という集落は飛び地のように宝満川の東側に位置します。

 さらに地図をよく見ると、小郡市にも赤川という集落があり、江戸時代の地図には「東赤川村」と書き込まれ、宝満川は「加利川」と書かれています。

 「赤川」の地名の由来を調べると、赤い鉄分を多く含んだ花こう岩山地から流れ出る河川流域に多いと説明してあります。

 花こう岩はもろくて土砂を大量に流します。その河川は氾濫が多く、流路を頻繁に変えます。だから「加利川」は「仮の川」から由来したのかもしれません。ここにも国境をなかなか確定できなかった要因があるようです。(参考『鳥栖市誌第2巻』)(藤瀬禎博・鳥栖郷土研究会会長)

このエントリーをはてなブックマークに追加