ハンドメード洋品店 幸せ発信する黄色いコンテナ

レディースの洋服やベビー服、スタイなど心地よさを追求した手作り商品を展示販売する橋本香織さん
店舗はコンテナで、黄色の外装が目を引く

 鹿島市納富分の明倫小学校の向かい側に、鮮やかな黄色の外装がひときわ目を引くコンテナショップがあります。洋服や小物、雑貨などを展示販売する「atelier shop”iro”(アトリエショップ・イロ)」は、ハンドメード専門の洋品店です。

 代表は鹿島市出身の橋本香織さん(40)。服飾の専門学校で学んだ後、アパレル店で経験を積み2011年に熊本で開業しました。「物を作ることが好きで、ずっと手を動かしていたいんです」と橋本さん。15年に帰郷し、子どもを育てながら自宅で「イロ」を開店、18年12月に現在の場所に店舗を移しました。橋本さんを含め、スタッフ3人で運営しています。

ポーチや帽子、雑貨など多彩なラインアップ
ハンドメードの洋服、子ども服。春らしい色合いで作った新作商品

 店内では、さまざまな洋服や小物を製作するミシンの音が響きます。人気は、動物や水玉柄のスタイやかぼちゃパンツといった子ども服。水洗いができ、首元にタグを付けないなど、母親の心配りが織り込まれた着心地のいい服、丈夫で長持ちする服を提供しています。

辛さがくせになるアラビアータのパスタランチ(ドリンク付1200円)

 「ほっと息抜きができる場所になれば」という思いから、10席ほどのカフェスペースも設けています。コーヒー、チャイのほか、地元産ジュース、ランチは旬の野菜を使用したパスタが人気です。定期的にイベントも開催しており、橋本さんは「つながりや癒やし、幸せが詰まったお店づくりを大切にしていきたい」と話します。

 
ショップ内にカフェを併設し、ランチやコーヒーを提供する

 春物の新作は15日からショップに並びます。少人数向けにワークショップスペースの貸し出しもしています。

DATA

 

[住]鹿島市納富分甲224-1(明倫小学校前)
[電]080(5243)4494
[営]10:00‐17:00
[休]金曜日
[P]あり
[IG]atelier.iro

このエントリーをはてなブックマークに追加