佐賀市は、指名登録業者の2社を7日から指名停止にすると発表した。工業用薬品の販売業者「水ing」(東京都港区)を6カ月半、機械メーカー「クボタ」(大阪市)を2カ月の指名停止処分にする。

 水ingは自治体が発注していた浄水場向けの活性炭の納入を他社と談合していたとして、独占禁止法違反で2019年11月に公正取引委員会から排除措置命令と課徴金納付命令を受けた。市は18年度に14件5547万1千円、19年度に14件3566万7千円の発注実績があった。

 クボタは汚泥処理設備の工事中、作業員にけがをさせる事故を起こしたとして19年9月に岡山簡易裁判所から労働安全衛生法違反で罰金の略式命令を受けた。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加