相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年7月、入所者19人を殺害し、26人に重軽傷を負わせたとして殺人罪などに問われた元職員植松聖被告が横浜地裁の裁判員裁判公判で計4日間にわたり被告人質問に臨んだ。何度か遺族や被害者家族に謝罪したが、障害者への差別的発言を繰り返し、自らを正当化しようとした。

 「重度障害者は不幸のもとになっている」と言い切り「施設に預けるのは、家族の負担になっているため」「国から金と時間を奪っているから、安楽死させれば日本の借金を減らせる」と主張した。その上で「殺した方が社会の役に立つと思った」とし、正しいことをしたと言いたいようだ。

 弁護側は「大麻精神病により、心神喪失か心神耗弱だった」と無罪を主張している。被告にしゃべりたいことをしゃべらせた上で「人の遺体を肥料として再利用すべきだ」といった被告の持論も交えながら、荒唐無稽であることを際立たせたいとの思惑がのぞく。一方、検察側は犯行の事実関係などを詳細にただすことに時間を費やした。

 そうした中、被告の生い立ちなどが顧みられることはほとんどなく、異様なまでにゆがんだ考えがどのように形作られたのか―という肝心の部分がまだ見えてこない。社会にはびこる障害者への差別と偏見も含め、事件の背景をもっと掘り下げなければ、全容解明にはつながらないだろう。

 友人や元同僚らの証言などによると、植松被告は東京都内の私立大に進学して教員免許を取得した。卒業後は自動販売機の商品を補充する仕事などをした後、幼なじみの紹介で12年12月に地元のやまゆり園に転職した。当初、薄給を嘆くことはあっても「入所者はかわいい」と話していた。

 この点について裁判長から聞かれ、被告は「ズボンと下着を逆にはくのを見て『何やってんだ』と和やかに思った」「こちらの要求を理解して笑ってくれた」と振り返った。ところが事件の5カ月前ごろには周囲に「重度障害者は人間じゃない」「殺そうと思っている」などと言いだした。

 事件の前年、インターネットで世界情勢を調べるうち「日本が借金だらけ」と知り、重度障害者を安楽死させて減らすことが社会の役に立つと思い至ったと被告は説明したが、転職当初との落差があまりにも大きい。

 検察側の質問に被告は小学校の同級生だった障害者について「奇声を上げて走り回り、周りの人が大変だなと思った」と述べ、大学時代に教育実習で障害者施設を訪れた際に重度障害者を見て「いる意味があるのかなと思った」と話した。ただ検察側も弁護側もそれ以上踏み込まなかった。

 また園で働いていた当時のことを尋ねられ、他の職員が入所者に命令口調で接したり、流動食を無理やり口に流し込んだりするのを目にし2、3年すると、被告も入所者を人間でないと思うようになったとも述べた。こうした断片を丹念に拾い上げ、家庭環境や交友関係などにも光を当てないと、異様な考えが生まれた過程を浮かび上がらせるのは難しいだろう。

 障害者施設建設の計画を巡り、地元住民の反対運動が起きるなど各地で障害者への差別や偏見が見受けられる中、「共生社会」実現に向け、あらゆる角度から事件を徹底検証する必要がある。(共同通信・堤秀司)

このエントリーをはてなブックマークに追加