今春、高校を卒業する生徒たちを紹介します(五十音順、敬称略)。

■神埼

久保山 慶太郎(くぼやま・けいたろう)カヌー部主将で、3年の時にインターハイと国体に出場。「勝てない時期も続いたが、こぎ方を見直して結果を出せた」。関西学院大でも競技を続ける。神埼市神埼町。

 

 坂井 桃花(さかい・ももか)放送の全国大会朗読部門で2度入賞。他校での練習で交流が広がり、大会で競い合うライバルもできた。「登場人物の心情を深く勉強したい」と私立大文系志望。神埼市千代田町。

 

 筒井 拓(つつい・たく)同好会でバレーボールとビーチバレーの2競技で腕を磨いた。ビーチバレーは国体の九州大会に出場。「人生初の大舞台で1番の思い出になった」。国立大理系志望。吉野ヶ里町。

 

 西村 美花(にしむら・みか)女子卓球部主将。3年生は2人だけで大変だったが「周りの助けもあってチームをまとめることができた」。経営コンサルタントを目指し、久留米大商学部で学ぶ。吉野ヶ里町。

 

 納富 晴菜(のうどみ・はるな)女子サッカー部主将で県高校総体10連覇。家族より一緒にいた仲間がかけがえのない存在。私立大文系志望で「将来は地元に戻り、スポーツを通じて地域貢献をしたい」。上峰町。

 

 日髙 竜希(ひだか・たつき)数学オリンピックに挑戦し、教科書にないような難しい問題や思いもつかない解き方に触れることができた。「数学の面白さを伝えたい」と佐賀大理工学部に進む。神埼市神埼町。

 

 藤井 翼(ふじい・つばさ)サッカー部主将。指示を出すのが大変なほどチームの仲が良かった。体育祭では応援団長を務め「大変だったけど喜びも大きく、やって良かった」。西南学院大商学部へ進む。基山町。

 

■三養基

 井上 琴乃(いのうえ・ことの)生徒会長や陸上部主将を務め、次世代リーダー養成塾にも参加。「多くの高校生と知り合い、視野を広げた」。立命館アジア太平洋大国際経営学部に進む。鳥栖市本鳥栖町。

 

 浦脇 佑実(うらわき・ゆみ)吹奏楽部でフルートを担当し、県大会で金賞を受賞。総文祭実行委員も務め「県の魅力を全国に発信できた」。佐賀大医学部看護科に進み、専門知識や技術の習得を目指す。みやき町。

 

 川本 丈夫(かわもと・たけお)剣道部主将として県総体で団体準優勝を果たした。「学校祭でみんなと一致団結したことが思い出」。東京農大地域環境科学部に進学し、林業の専門知識を学ぶ。佐賀市富士町。

 

 近藤 壮真(こんどう・そうま)野球部主将、エースで4番だった。チームをまとめつつ、夏の大会でホームランを打ったことが思い出に残る。国立大文系を志望し「現代教育の問題点を追究したい」。みやき町。

 

 中村 日南(なかむら・ひな)剣道部主将で県総体団体優勝の原動力となった。全国では個人、団体ともベスト16。「日本一を目指す」と日本体育大スポーツ文化学部に進んだ後も剣道に打ち込む。神埼市神埼町。

 

 護山 華樹(もりやま・かな)陸上部のリレーメンバーで、県総体で4位入賞。北九州大会ではチームベストを記録し、準決勝に進出した。福岡こども短大こども教育学科に進み「保育士になりたい」。みやき町。

 

 山口 玲未(やまぐち・れみ)3年間ソフトテニス部で頑張り、仲間とさまざまなことを経験してきた。「新人戦個人ベスト16が一番の思い出」。私立文系を志望し、小学校の先生を目指す。鳥栖市弥生が丘。

このエントリーをはてなブックマークに追加