今春、高校を卒業する生徒たちを紹介します(敬称略)。

■小城

 糸山 彩乃(いとやま・あやの)前期生徒会長。ソフトテニス部で「仲間と励まし合った毎日が、かけがえのない思い出」。観光業で地域に貢献したいと、北九州市立大英米学科で語学を磨く。小城市牛津町。

 

 遠藤 豪(えんどう・ごう)硬式テニス部の主将を務めた。昨年の県総体は団体戦で2位になり、九州大会に出場。「築き上げた絆、団結力を発揮できた」と振り返る。同志社大法学部に進む。佐賀市大和町。

 

 古賀 美珠貴(こが・みずき)老人ホームや被災地でのボランティア活動に進んで取り組み、珠算で全国大会に出場した。佐賀大医学部に進学。「患者や家族の心を癒やす看護師になりたい」。小城市三日月町。

 

 佐尾 亮太(さお・りょうた)後期生徒会長。硬式テニス部では団体戦のメンバー入りを逃したが、九州大会出場を「抱き合って喜んだ」。小学校の教師になるのが夢で、佐賀大教育学部に進む。佐賀市金立町。

 

 首藤 朋紀(しゅどう・ともき)「初心者だったから必死に頑張った」と、高校で始めたバドミントン部でレギュラーを獲得した。国立大医学部を志望。保健師の母を見習い、看護師を目指す。小城市三日月町。

 

 原口 萌依(はらぐち・もえ)吹奏楽・合唱部長。さが総文や福祉施設などでも演奏し「地域の人たちと触れ合えたことが一番の経験になった」。世界史を深く学ぶため、国立大文系に挑む。小城市三日月町。

 

 山上 璃子(やまがみ・りこ)県のオランダ研修に参加して視野を広げ、高校の米国人留学生とも積極的に交流した。私立大文系志望で「将来は旅行、航空業界で働きたい」と夢を描く。小城市小城町。

 

■佐賀清和

 江頭 勇汰(えがしら・ゆうた)サッカー部主将。最後の大会はけがで欠場したが「前向きな言葉を掛けてくれた両親に感謝」。夢を後押しできる教師を目指し福岡大経済学部へ。佐賀市西与賀町。(探究文理科)

 

 古賀 大智(こが・だいち)朝7時登校を3年間続け勉強に励んだ。寺や城の探訪が好きで「歴史を感じられるのが魅力」。「文化庁で文化財保護に関わりたい」と国立大法学部を志望。白石町。(中高一貫科)

 

 佐藤 雄貴(さとう・ゆうき)さが総文生徒実行委員長。「意見を臆せず言えるようになった。挑戦して良かった」。夢は高齢者が使いやすいソフト開発。佐賀大理工学部へ進む。鳥栖市弥生が丘。(特別進学科)

 

 松山 絢音(まつやま・あやね)ソフトテニスで全国出場。友人と毎日朝練に汗を流し「結果だけでなく続けることが大事」と実感した。九州医療スポーツ専門学校で看護師を目指す。福岡県吉富町。(普通科)

 

 御厨 唯愛(みくりや・ゆいり)簿記3級や表計算1級の資格取得に励み「友達のおかげで頑張れた」。北海道のスキー旅行が思い出。福岡大法学部に進み公認会計士を目指す。佐賀市南佐賀。(情報ビジネス科)

 

 宮原 里於(みやはら・りお)韓国研修などがきっかけで東アジアの言葉に関心。さが総文では外国人への偏見をなくすよう弁論で訴えた。国立大言語学系を目指し「視野の広い大人に」。上峰町。(特別進学科)

 

 笠 彩乃(りゅう・あやの)陸上部に所属。ハードル走では自己ベスト記録を出し「悔いはない」。体育祭の応援に力を注ぎ「皆でやり遂げる熱量を感じた」。長崎県立大に進む。鳥栖市蔵上。(探究文理科)

このエントリーをはてなブックマークに追加