鳥栖市真木町で進められている次期広域ごみ処理施設建設を巡り、現計画の2024年度稼働に間に合う別の候補地がないか検討していた市は5日、「他の候補地はないことから、現建設予定地での事業推進が適当」とす…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加