時折冷たい風が吹くなか、一斉に飛び立つマガモの集団=佐賀市の巨勢川調整池

 冬型の気圧配置で九州北部上空に強い寒気が流れ込んだ影響で、佐賀県内は5日、佐賀市川副町で氷点下1・5度、杵島郡白石町で氷点下0・8度を記録するなど各地で冷え込み、佐賀市では初雪が観測された。初雪は平年より56日遅く、気象台が観測を始めた1891年以降最も遅い記録となった。

 これまで初雪の観測では、気象台職員が目視で確認していたが、今月3日から機器が計測する自動化に移行した。雨を感知する感雨器や温度計、湿度計で集めたデータで、5日早朝に初雪を観測した。この日は雨と雪が混じった「みぞれ」だったという。

 佐賀市金立町の巨瀬川調整池には無数のマガモが飛来。ゆっくりと水面を泳ぎながら、群れで寄り添い厳しい冬を乗り越えている。

 佐賀地方気象台によると、今後1週間は寒気が残るとみられ、路面の凍結などに注意を呼びかける。

このエントリーをはてなブックマークに追加