児童虐待防止に対応するために市町村が新たに設ける「子ども家庭総合支援拠点」をテーマにした自治体職員向けの研修会が5日、佐賀市であった。市町の担当者約50人が、2022年度までに設置するとした国の目標や、その必要性を確認した。