こたつを囲みミカンを食べるは、冬の風物詩。1973(昭和48)年、現在の唐津市浜玉町でハウスミカン栽培が始まり、佐賀県はハウスミカン生産量日本一に。おかげで一年中、ミカンを食べることができるようになった。 ミカン栽培の功労者といえば、旧玉島村平原出身の井山憲太郎だ。